精力剤の原材料の種類

精力剤を注文する男性

精力剤は、主に男性の性機能を促進するために飲食されるもので、ドラッグストアやスーパー等でも販売されています。

ただその種類は大きく2つに分けた場合、医薬品と医薬品に分類されない製品とに分けることが出来ます。

医薬品に分類されるタイプは、原材料がテストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネなどの薬剤が原材料として用いられているため、第一類医薬品として扱われ、免許を所持した薬剤師が居るところで販売されているケースが多いです。

医薬品に分類されないタイプはサプリメントや健康食品、飲料などもあり、精力アップを謳っているものが多数あります。

その医薬品に分類されない精力剤の原材料としては、天然の成分を配合されている製品が主流です。

例えば天然成分の原材料として有名なのは、オットセイ、マムシ、ニンニク、マカ、高麗人参、ガラナエキスなどです。

特長としては、医薬品に分類されるタイプは、神経系統に直接的に作用する薬剤を用いるため、即効性において優れています。

一方、医薬品に分類されないタイプは、天然の成分が配合されていますが、その栄養成分に着目して、それを飲食することで徐々に体の健康体を促して、最終的に精力アップさせる方法をとります。

そのため、体に負担をかけないで精力アップできる点がメリットです。


精力剤でよりよい性生活を

自身の性の悩みなど、性に関係する心配事は数多くあります。

特に男性は勃起不全や性欲減退など年齢やストレスなどの原因があり、病気が発病する可能性があります。

男性だけでなく、女性も性欲欠乏や不感症などになってしまう場合もあります。

そのような症状を緩和や治療に使われるのが精力剤です。

精力剤にも色々な種類があり、ED解消などの勃起薬を始めとし性欲を向上させ射精を促し快感も得やすくなるホルモン剤、こちらのホルモン剤は塗り薬タイプなどがあるので、自分にあったモノを選ぶ事ができます。

性ホルモンは性生活に欠かせない重要なホルモンです。

いつまでも、若々しく性生活を楽しみたい方は多いハズです。

そのような場合に強精剤として性ホルモンを調整するとよいと思います。

また、強精剤には女性の快感も上げるものもあり、不感症などにも効果が期待できます。

自分にあった薬を選び、用途をしっかりと間違わなければ精力剤を使用する事で、よりよい性生活を送ることができると思います。